忍び寄る脳梗塞から逃れよう|予防すれば健康体をキープできる

医者

早期発見・早期治療が重要

カウンセリング

脳梗塞は脳卒中の1つに分類される病気であり、血栓が脳の血管に詰まり血流障害を引き起こすことで発症します。脳出血やくも膜下出血なども脳卒中に分類され、これを原因とする死亡者の6割近くが脳梗塞であると報告されています。脳梗塞を発症する要因としては、動脈硬化により血管が狭くなっていることや、狭心症など心臓疾患などの影響によって、血栓ができる事が挙げられます。主な原因は、生活習慣に起因する高血圧や糖尿病などにより、血管にダメージが与えられていた結果です。したがって、生活習慣病と称される持病を持つ方は、脳梗塞の発症リスクを常に抱えているということになります。脳梗塞を発症すると、脳へ新鮮な酸素や栄養分を送る動脈の一部に血栓が生じていますので、脳の細胞が壊死していきます。血栓の場所によっては、重篤な状態になる可能性があり、仮に助かったとしても重い後遺症が残る可能性もある怖い病気と言えます。

脳梗塞を発症した時点から早期に適切な処置を施すことで、予後が軽くなりますので、早期発見、早期治療が大変重要です。早期に血栓を洗い流し、血栓をできにくくする薬を処方することで、治療効果を高め、再発リスクを低減することができます。発症から3、4時間くらいまでを目処に、できるだけ早く治療を受けることが重要となってきます。そのためには、脳梗塞の予兆を見逃さず適切に判断する必要があります。例えば、手足のしびれを本人が訴える、物がうまくつかめない、ふらつくなどの症状です。本人が自覚していないケースもあり、家族や周囲の人間の判断も重要となります。めまいや、ふらつきならば、少し寝ていれば治るといった判断になりがちですので注意が必要です。体に異変を感じた場合は、早急に脳神経内科、外科へ受診しましょう。

ガンの解決が見込める

笑い顔

手術をしないといけないガンもありますが、その時には池袋クリニックのような専門機関にてNK細胞療法のような治療を並行して行なうことが出来ます。並行することでメリットが多いので、ぜひ相談した上で治療を進めていくようにしましょう。

3つの治療方法

先生

卵巣がんが発見された場合には、外科手術がまず行われます。根治手術と保存手術があります。後者は妊娠を希望する女性に行われることが多いです。また、外科手術以外であれば化学療法と放射線療法が代表的なものになります。

毎日摂取したいサプリ

笑顔の女性

更年期障害に効果があるエクオールは、自分の体内で生成できる人とできない人がいます。エクオールはスーパーイソフラボンとも呼ばれており、便利なサプリを利用することで誰でも効果が感じられるようになるはずです。