3つの治療方法|忍び寄る脳梗塞から逃れよう|予防すれば健康体をキープできる

忍び寄る脳梗塞から逃れよう|予防すれば健康体をキープできる

相談

3つの治療方法

先生

卵巣において腫瘍が発見された場合、まず良性か悪性かが診断されます。良性の場合は治療をする必要はありません。しかしながら、悪性の場合は外科手術による治療が行われます。この外科手術には種類があります。たとえば、根治手術では子宮、卵巣などをすべて切除します。卵巣がんの再発が非常に少なく完治することが期待できる手術です。もちろん、卵巣がんが他の臓器にまで浸潤していると周辺臓器も切除します。もう1つは保存手術です。これは妊娠を希望する女性に対して行われる手術であり、卵巣をすべて切除するのではなく片方は残します。そうして子宮を保存して妊娠できる可能性を残しておきます。基本的には、外科手術はこの2種類です。

外科手術以外の治療法には化学療法があります。それは具体的には抗がん剤を使った治療法です。抗がん剤は卵巣がんに非常に効果があります。そのため、通常の治療法として行われるだけでなく外科手術との併用でも用いられます。つまり、卵巣がんの外科手術前に抗がん剤を投与してがん細胞をある程度死滅させてから小さくなった腫瘍を切除します。手術後にも抗がん剤を投与して全身のがん細胞を攻撃して再発を防止します。パクリタキセル・カルボプラチンやドセタキセル・カルボプラチンを使うのが一般的です。また、根治治療ではありませんが、外科手術の補完的治療として、放射線療法も行われています。放射線療法は脳に転移した場合に広く用いられています。